CRAFT FIELD デザイン専攻/工芸分野

CRAFT FIELD

素材の可能性は無限大!

デザイン専攻分野の入試対策について動画でご紹介。入試種別や面接や作品制作のポイント等を入試対策を担当教員から詳しく説明します。こんな方に入学してほしい・特待生になる為のポイントといったレアな情報も必見です。

FEATURE

特徴

特徴

地球科学を造形に表現する
~やきものは時代の証人~

やきものの歴史は人類の歴史と同じだけの長さがあり、太古から現代の証人として役目を果たしてきました。そして、民族ごとの生活やニーズ・デザイン・芸術性が加わり時代ごとに移り変わってきます。人類は炎を巧みに扱う知恵を授かり、地球の恵みから様々な素材を利用し試行錯誤してきました。やきものは地球科学を造形・芸術として表現し、多くの歴史財産を残しています。そして、いま日本の工芸のものづくりと美意識は、世界中で注目されています。

特徴

ひとつひとつの積み重ねと試み

制作において、素材に対する柔軟な感性と知識は重要不可欠になり、その基礎の上に創造・デザイン、オリジナルの可能性があります。工芸分野では柔軟な発想力とより高い芸術性の表現につなげる教育を目指します。

特徴

伝統と確かな技術を学んで

伝統的な技法制作と現代の創作、デザイン力を融合し、工芸として大切な鍛錬の時間と、道具の扱いや設備機器の管理・安全管理を正しく理解することができ、制作研究の中で素材のもつ面白さや特質を発見し作品にする喜びや、機能性とデザインに着目し、これからの時代の工芸の担い手、アーティストを育てていきます。

CURRICULUM

授業紹介

1年次の全専攻共通の授業から専門分野選択後の4年次の卒業制作まで、年次別に授業の概要をご紹介していきます。

CRAFT FIELD

1年次

共通基礎(全専攻授業)

1年次前期には共通基礎科目として全専攻で、「デッサン」「色彩構成」「造形感覚」「素材研究」を学び美術の基礎を固めます。

専攻別授業

専攻別授業では、PCの基礎スキルやAdobeソフトの使い方などを学ぶ「メディアリテラシー」、写真スタジオを使っての「写真」、多種多様な素材を使ってランプシェードを制作する「工芸」や自身の作品をディレクションする「ドローイング・DTP」などを行います。

CRAFT FIELD

2年次

工芸分野で必要な発想方法、技法体験、作業工程と道具の使い方を様々な実習を通し学びます。工芸分野で必要なプレゼンスキル、コミュニケーションスキルも学びます。

CRAFT FIELD

3年次

各自の表現の世界観を広げていく期間です。工芸分野でテーマや素材を研究し、表現の可能性を具現化していく授業をおこないます。
また、グループ展企画展等に出展し展示までを視野に入れた制作を行うことを学びます。

CRAFT FIELD

4年次

社会への実践的な提案を行うための必要な知識と能力を鍛え、体験指導の経験や企画・制作展示、公募展への出品を目指すなど、卒業制作や進路に繋がる活動を行います。

PROFESSOR

教員紹介