橋田 慈子

NARIKO HASHIDA
橋田 慈子
橋田 慈子
NARIKO HASHIDA
職位 非常勤
専攻 一般教養・資格
経歴 2014年3月 
筑波大学 人間学群 教育学類卒業
(卒業後、公民館職員として勤務しながら大学院に通う)

2017年3月 
筑波大学 人間総合科学研究科 
教育学専攻修了(修士・教育学)

2017年4月 
筑波大学 人間総合科学研究科 
教育基礎学専攻入学

2017年4月 – 2020年3月  
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

2020年5月 – 現在  
筑波大学 特任研究員

[著書]
1 井口啓太郎,橋田慈子:「第3部 第4章 障害者の社会教育実践の展開」(東京社会教育史編集員会編『大都市・東京の社会教育』,エイデル研究所,386~403頁),2016年.

2 橋田慈子:「第II部 第10章 障害者の地域における自立を支える親の役割」(手打明敏,上田孝典編『〈つながり〉の社会教育・生涯学習』,東洋館出版社,139~150頁),2017年.

3 橋田慈子:「第6節 音楽の改訂のポイント解説+吹き出し解説付・新旧対照表」(藤田晃之編『ひと目でわかる! 小学校「新学習指導要領」』,時事通信社,169~188頁),2017年.

4 橋田慈子:「初等中等教育」,「子どもと生活」,「教育の国際化」(藤田晃之編『最新 教育データブック』時事通信社,22~25頁,54~55頁,142~147頁,262~263頁),2019年.

5 橋田慈子:「障害のある青年の暮らしを支える青年集団の形成過程 ―国立市公民館の実践とその理念に着目して―」(日本社会教育学会編『ワークライフバランス時代における社会教育』,東洋館出版社,62~73頁),2021年.

[論文]
1 橋田慈子:「インクルーシブ教育制度の導入期にみる親の団体活動とその影響に関する研究―1981年教育法以降のロンドン・ニューアム地区を事例に―」日英教育学会編『日英教育研究フォーラム』Vol.22,63~77頁,2018年8月.

2 橋田慈子:「知的障害児をめぐる不就学問題の解決主体の形成過程に関する研究―手をつなぐ育成会・親の会参加者を事例に―」日本社会教育学会編『社会教育学研究』第54巻,35~45頁,2018年10月.

3 橋田慈子:「当事者運動に応答する自立支援の形成過程 ―知的障害のある人びとの親子関係の視点から― 」日本教育学会編『教育学研究』第87巻第3号, 26~ 38頁、2020年9月.
分野 生涯学習・社会教育学
(生涯学習概論担当)

作品リスト